Web系内定者である地方大学生が伝えたい5つのこと

対象読者

  • 就職活動を始めようとしている人
  • 夏のインターンを探し始めている人
  • Web系を志望している人

自己紹介

  • 北海道の地方大学卒・大学院生
  • 2020卒
  • 大学からプログラミングを始めた
  • iOSエンジニア
  • 内定獲得数:1社

経歴

  • 1年~2年
    良くも悪くも真面目な学生.学校の課題をコツコツこなし,さらに,積極的なインプット・アウトプットはしていなかった.(後悔度合いが高いです...)
  • 3年
    PBLを通して,アプリ開発に着手し始めました.そもそもPBLとは,実在するニーズやクライアントの要求に対して,学生自身が要件定義から実装,リリースまでの活動を通して,問題解決能力などを養う実践的な学習です.このころから,インプットとアウトプットをし始めました.また,逆求人を知ったのもこの時期です.
  • 4年
    卒業研究と仲良くしながらiOS分野に興味を持ち,小さく手を動かすようになりました.また,逆求人サービスに登録し,面談を始めたのもこの時期です.その結果,19卒向けのインターンに参加することができました.
  • M1
    ~夏期(インターン)
    4月の頭からインターンを探し始めました.本当にサポーターズ・キャリアセレクト・逆求人ナビにお世話になりました.なぜなら,逆求人を通して自己分析・仲間づくり・企業さんとの繋がりを持つことができたからです.結果的に,2社のインターンシップに参加しました. bob2525yokoyama.hatenablog.com
    ~春期(本選考)
    10月の下旬に,もう一度逆求人に参加しました.その後,12月ぐらいから本選考へエントリーし始めました.結果的に7社ほどエントリーし,ありがたいことに第一希望から内定をいただくことができました.

就活

何を軸にしていたの? 就活を進める上で,必要になってくるのが軸です.この軸がはっきりしていないと,志望業界や動機・何がしたいのかなど様々な要素がブレていきます.自分の場合は,以下のことを軸にしていました.

  1. お給料・福利厚生
    理由は言うまでもないでしょう.ただ,あえて理由をあげるのであれば,借りている奨学金の返済を考えた時に,どのぐらいの額が欲しいのかを考えたことでしょうか.
  2. 働いているイメージを持てるか
    具体的には,上司や同期になりうる方々とお話した時に,その会社に毎日行って,働いているイメージを持てるかということだと思います.しかし,現実的にお話しするだけでは,イメージを持つことは難しいと思います.そこで鍵になってくるのが,インターンシップです.インターンシップには様々な種類がありますが,就業形をオススメします.ただし,初めてインターンに参加するのであれば,別の種類をオススメします.ちなみに就業形のインターンに参加した時の感想はdevelopers.cyberagent.co.jpに書いてあります.
  3. 自分の思い描くキャリアパスが実現できそうな環境か
    就活をする上で,近い将来や5年後に,自分がどうなっていたいか考える時期がくると思います.実際私も考えました.その結論を面接時などに伝えた結果,認めて応援してくれるカルチャーがあるかどうかを見ていました.

最終的な決め手は?

働いているイメージをどれだけ持てるか,この軸をもとに結論を出しました.

苦労したことは?

いろいろありますが,いくつかピックアップして書きます.

  1. 自己分析の進め方
    正解もゴールもなく,流動的に変化していきます.また,個人で行うのには限界があると感じました.したがって,友人や先輩,逆求人のお姉さん,企業の方々と進めていくことをオススメします.
  2. 研究とのバランス
    院生あるあるですね.学生の本分は勉強です.つまり,大学院生であれば研究ということになります.しかし,地方在住かつWeb志望となると,多かれ少なかれ東京との往復は避けられません.また,研究の進捗や研究室の制度によっては,インターン等の課外活動への理解が得られない可能性があります.(ありがたいことに,私が所属する研究室は,やることやっていればいいよスタンスです)そのため,早期から動き出すことが大切となってきます.
  3. 北海道と東京の往復
    さきほども書きましたが,地方在住であれば仕方がないことです.と言いつつも,金曜の終便で飛び,月曜の始発で帰ってくるという生活は,非常に辛かったです.
  4. 周りの学生との比較
    これは常について回りました.特に12月以降になると,既に内定が出ている友人もちらほら出てきていて,焦り始めていた記憶があります.早くもらった人が勝ち!というわけではありません.それはわかっているのですが,辛かったですね....

伝えたい5つのこと

さて,ここまで来てようやく本題?です.

  1. 早く動こう
    Web業界に限らず,就活は想像を絶する速さで進みます.インターンの募集は,今(5~6月)がピークです.本選考は会社にもよりますが,12月頃には選考ページがオープンするでしょう.
  2. 仲間を作ろう
    インターンや就活期を一人で乗り切ることは,正直厳しいです.そのため,同じような業界を志望する仲間を見つけることをオススメします.仲間がいることのメリットが言うまでもありません.おそらく知りたいのは,どこで見つけるか?ということだと思います.それこそ,逆求人や好きな技術のカンファレンス,インターンシップなどがオススメです.
  3. 学生カードを使い倒そう
    学生カードは非常に強力です.技術系のカンファレンスであれば,学生向けのスカラーシップがあります.インターンシップでは,お金をいただきながら圧倒的成長ができる環境に身を置くことができます.就活においても,逆求人を通して支援金をいただけます.
  4. 逆求人を利用しよう
    また言うのかと思われそうですが,逆求人を利用することを強くオススメします.下記に私がお世話になったサービスを示します.
    • キャリアセレクトcareerselect.jp
    • 逆求人ナビwww.studenthunting.com
    • サポーターズsupporterz.jp
      どれがオススメ?と思うかもしれませんが,全てオススメです.なぜなら,3社それぞれに強みがあるからです.また,中の人の雰囲気も異なります.そのため,全てにお世話になった上で, 自分に合ったサービスを選択してください.
  5. アウトプットをしよう
    大小なんでもいいです,とにかく手を動かしてください.ただし,下記のことを意識しておくといいと思います.
    1. 何故勉強しようと思ったのか?
    2. 何を参考にしたのか?
    3. つまずくポイントはどこか
    4. どのようにして解決したのか
    


    これらをQitta等に投稿するとバッチリです!

(今更ながら)VOYAGE GROUPのTreasure2018に参加してきた話

書き手

  • 名前:ぼぶ
  • どんな人:普段はエンジニアを目指して函館で学生をやっております
  • 好きな言語:Swift, go

執筆した経緯

簡単なお話です.ブログ執筆してみたいな〜て思っていたけど...という自分に対して,インターンの参加記録は書きやすい内容であったからです.
何より,Treasureはあまりにも激アツなインターンであったからです!! しかし,激熱がゆえに下書きで止まっていました(ごめんなさい..) 就活前に,仕上げてしまいます!

Treasureとは?

voyagegroup.com

VOYAGE GROUPが提供するサマーインターンの1つです .
概要は,以下のとおりです(引用させていただきました)

Treasureのテーマは「Go言語を使って学ぶ、価値のあるもの創りとチーム開発」
自分が作りたいもの、という視点だけでなく、実際に使うユーザー視点を持ちながらスモールスタートで無駄なく開発のサイクルを回していくためにはどうしていったらいいのか?チーム開発を加速させるトップエンジニアの考え方や習慣とは?プログラミング経験者が一同に集まり、最先端のフィールドで活躍するトップエンジニアの指導のもと、たった三週間で、「エンジニア」として研ぎ澄まされていく自分を体感するだろう。

何が言いたいかというと,「圧倒的に強い現場の方々に囲まれながら,最高の環境で成長できる」そんなインターンです
インターンの構成は,講義+チーム開発の計3週間です

参加するまでの経緯

今の自分の課題の一つとして,一人でサービスが完結できないという問題があります.swiftを使って何となくモバイルは書けるが,サーバーサイドは何もできません.そんな中学校のイベントにて,Treasureを知りました.そのイベントにてVOYAGE GROUPは,「Treasureは日本で一番熱いインターン」だと自負していました.正直,「どれだけ自信あるんだよ」と思ってしまいました.ただ,これは次の一歩を踏み出すいい機会なのでは?と思ったので,エントリーしました.

事前課題

インターンが始まる前に,多種多様な事前課題がありました. - Goによる簡単なサーバーの構築 - GitHubAPIを叩いてみる - DB設計 - セキュリティ どれもただ解くのではなく,なぜその解答なのかといったところまで求められました.

インターン内容:前半

講義:Go
講義:React
講義:API設計
講義:セキュリティ
講義:DB設計
講義:スクラム
講義:チームとは
講義:アイディアソン

上記の通り,フルコースのラインナップでした.また,そのどれもが現場のトップエンジニアの方々が講師として参加したことに加えて,何十人ものメンターのバックアップが常に付いてくださったので,ゴリゴリ質問しながら取り組むことができました.

チーム開発

常に,メンターが3人(人事1名・エンジニア2名)がついてくださり,安心しながら進めることできました.正直,メンバー5人に対してメンター3人は激アツで す!他のチームも同様でした.
実際の開発では,アイデア出しから難航して,開発期間の1/3は費やした記憶があります.かかった原因は,メンバーが得意とする市場から考えなかったことだと思います.旅行や音楽,恋愛など様々な市場を対象にして考えました.しかし,これだ!というサービスにはたどり着きませんでした...しかし,ボツ案を良く見ると共通項目として”応援”があることに気が付きました.ここから,作家志望の方・声優志望の方・早い時期から作品をキャッチアップしたいヲタクを繋げるサービスに繋がりました.
 システム開発までの経緯として,アイドルファンが運営に参加する事例(選挙,メンバーの選定など)が増えていることに注目しました.この時流を声優業界や作家業界にも適応できると考え,開発しました.コンセプトは「みんなでつくる」です.会員登録さえしてしまえば,台本を投稿することも声をあてることもできます.全員で一つの作品を作っていく過程を楽しむサービスです.
 自分は主にマネジメントに注力を注ぎました.いかにしてメンバーのパフォーマンスを120%出すのか,そこを意識していました.

最後に

あれから半年くらいが経過しようとています.Treasureで学んだことは.その後のハッカソンや研究開発において活きています.実際,参加していなかったら研究で開発しているサービスのAPI設計やDB設計をどうしていたんだろう??とゾッとします これから就活も佳境を迎えます.厳しい戦いですが,しっかり戦い抜こうと思います.(まずは,研究を落ち着かせること)

Wantedlyのスカラーシップ枠でiOSDC Japan2018に参加してきました!!

iwillblogと宣言したので,ブログを書きます!!
8月30日から9月2日に行われたiOSDC Japan2018に参加してきました!!  ちなみに,この記事がはてなブログ初投稿です 

iOSDCって??

f:id:bob2525yokoyama:20180902001131j:plain

iosdc.jp

iOSやswiftを中心としたテック系のカンファレンスです!!今年は,前夜祭+3日間の計4日間開催でした!!
タイムテーブルは↓

タイムテーブル | iOSDC Japan 2018 - fortee.jp

自分はインターンの期間とかぶっていたため,2日目から参戦しました!!
会場に入って受付を済ませると......

ミスドがたくさん...

どういう経緯で参加??

Wantedlyさんが募集していた学生スカラーシップ枠で,参加させていただきました!!

www.wantedly.com

Day3

オープニングムービー

www.youtube.com

iOSDC Japan 2018 会場 & 企画説明

www.youtube.com

iOSDC Japan 2018 スポンサー紹介

www.youtube.com

www.youtube.com

すごく作り込まれた動画たちだ......!!!
去年の参加者であり今年のスピーカーの1人である @n_atmarkさんによると,去年に引き続きミサトさんでした!!
素直に感動〜〜〜〜(泣)

オープニングの後は,さっそくセッションが開始!!
自分は以下のセッションをきいてきました!!
- In-App Purchase再考 ーサーバサイドエンジニアの運用経験と他決済手段との比較を添えてー - 二癖くらいある画面収録からの生放送 - Charles でネットワークデバッギング - Plasma - gRPC streamを利用したリアルタイムなユーザー体験 - 5000行のUITableViewを差分更新する - State of the Union ~2018年のアプリ開発事情~

特に印象に残っているのは,@huinさんのState of the Union ~2018年のアプリ開発事情~です
ひたすら新しい知見を得ましたね〜〜〜

上記のことを胸に刻んで,やっていきます!!
もう一つは,@kumamo_toneさんのCharles でネットワークデバッギングです!

API から何が返ってきているかわからない」「色々なパターンの返り値の表示を見てみたい」といった経験はないでしょうか?

インターンgolangを触った直後ということもあってか,自然と興味がわきました.

Day3 番外編

参加者に無料で提供されたランチが....すごい!!!

更には.....WantedlyさんによるReactorKitのライブコーディング!!! 圧倒的なスピード感に,「なるほど!よくわからん」という感じでした..

github.com

githubで公開してくれています!!神!! 読み込んで理解するぞ!

Day3 LT

セッションが終わった後は,お酒片手にLT会!!

印象に残っているのは,@koooootakeさん!!

自分の感想は,以下の通りです...

発表のテンポが良く,内容もスッと入ってきました. 自分もあんな風にプレゼンがしたいです...!!

懇親会

インスタ映えだ〜〜〜〜〜〜〜   f:id:bob2525yokoyama:20180902000700j:plain f:id:bob2525yokoyama:20180902000650j:plain f:id:bob2525yokoyama:20180902000454j:plain f:id:bob2525yokoyama:20180902000552j:plain f:id:bob2525yokoyama:20180902000611j:plain 豪華で美味しいディナーでした!!

Day4

最終日の朝も豪華!!

ランチももちろん!!  

自分は以下のセッションをきいてきました!!

  • iOSマイクロインタラクション入門
  • プロトコルを使って複数サービスを跨いだmusic playerを実装する
  • iOSエンジニアのための、SwiftからPythonのライブラリを使って機械学習する方法
  • iOS アプリの開発速度を70%高速化したデバッグノウハウ
  • あえてWebエンジニア以外の人に聞いてほしいWebRTCの話

最終日も知見しかなかったです..!! 特に,@koga_wiwiさんの iOSマイクロインタラクション入門と,@orga_chemさんの iOS アプリの開発速度を70%高速化したデバッグノウハウは”まさにそこが知りたかったんです!!”という感じでした!   今後ずっと仲良くしていきたいお話だと思うので,少しずつ理解していこうと思います!

最後に

2日間を通して,ひたすら知見を得ることができました!!
創作意欲が湧いてくること湧いてくること! この気持を忘れずに,次へ!!

@koga_wiwiさんによって,スライドがまとめられています!   いつでも見れる〜〜〜!!

qiita.com